2015年06月20日

愛車パジェロ

先日、雨の日、敷地確認に行きましたが、

y1621.jpg

一旦、敷地に入り、出ようとしたところ、
畑である敷地は、数日の雨でかなりいい感じで、
車が前にも後ろにも一向に動かず、タイヤだけが、フル回転、

やっちまった、慌てれば、慌てる程、頭も車も泥沼に、
今日は、ここに車を置いていくしかない、
誰かに、迎えに来てもらわなければ、
誰かの顔が浮かぶ、

y1622-1.jpg

しかし、思い出しました、私の車は、パジェロ、
そう、4WDだったことを思い出したのです、
すぐに、4WDに切り替えて、

すごい、泥沼から脱出、簡単にぬけだせた、
誰かに、迎えに来てもらう事もなく、誰かに怒られずにすみました、
我が愛車に感謝、です、

posted by wajin at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月07日

懐風苑上棟

6月6日、大安、晴れ、
天気もよく壊風苑上棟がスタート、

y1483.jpg

懐風苑さん、大工さん、電気屋さん、
手際よく作業が進みます、

y1516.jpg

10時までにはここまで組み上がり、一息、


y1552.jpg

お昼は懐風苑さんの気遣いで全員で食事、
ごちそうさまでした、

y1569.jpg

午後、垂木もかかり、全体が見えてきました、

y1584.jpg

私が発注した野地板が6枚不足というハプニングもありましたが、
皆さんのいい動きのおかげで、ほぼ、予定通り進み本日は終了です、
先週、削った栗の柱もうまく納まりました、

今回は、分離発注のため監督業も兼務なので、頑張らねば、
次は、板金屋さんの出番です、

しかし、ここは眺めがいいですね、

posted by wajin at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物

懐風苑

先週は、久々栗と格闘、

y1420.jpg

我が家にあった在庫の栗の木を柱として加工、
これは、壊風苑に使いたいと思い、我が家で作業、

y1425.jpg

外に保管していた栗もひと削りすると、
こんなにきれいな木目が現れます、
これを、大工さんの所に運んでホゾの加工をしてもらい建前に望みます、

y1427.jpg

それにしても、この一本でこの削りかす、ゴミにするのはもったない、

y1416.jpg

先週はこの他に別の現場の栗の柱を3本削り、栗の1週間でした、

posted by wajin at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物

2015年05月20日

懐風苑

3年前からゆっ〜くり進んできた計画がスタートした、
箕郷町、南傾斜の最高に眺めのいい場所、
ここに、懐風苑の舎を作る、12坪の小さな建物、

懐風苑さんは私が独立した頃からお世話になりっぱなしの造園屋さん、
我が家はもちろん、私の建主さんの庭は全て懐風苑さんだ、
あの頃はお互い若かったけど、そろそろ、いいおやじになりつつある、

y1243.jpg

y1356.jpg

ここから、新たに始まり、いろいろ発信できればいいと思っています、
なので、まずは、完成に向けてみんなで頑張る、
各職の方は私と懐風苑さんのもっとも信頼する方々にお願いした、

子供の時作った、秘密基地のようで私もわくわくしながら参加している

私の建主さんも是非見に来てくださいね、
posted by wajin at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物

2015年05月06日

久々の空手観戦

5日、日本武道館へ、

y0598.jpg

y0602.jpg

久々に子供の試合観戦に、生で見るのは3年ぶり、
日本武道館も初めてだけど、大学生の試合を見るのも初めて、
この日は、関東の大学生が集まる個人戦、日の丸の下、熱き戦いが、
生の迫力と大学生のスピード、技術、レベルの高さに圧倒されながらも、楽しませてもらった、

2020、東京オリンピックでは空手が採用されるが、
この中にオリンピック選手がいるのかもしれない、

話は変わりますが、ここで、ビートルズがコンサートしたんだよね、

posted by wajin at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家風景

2015年03月06日

鳥・何羽

我が家の庭に、鳥がたくさん、

y0798.jpg

石の上に置いた果実を食べに、総勢10羽程の鳥が、
通称、尾長鳥と名前がわからない鳥と、

この後、我が家の黒いやつの登場で、一気にいなくなった、
かと、思いきや、
まだ食べたりないのか、廻りの木にとまり様子を伺う、
黒いやつも石の下に隠れて様子を伺う、

それぞれ、食べるものを目当てにここに来た、
ということが分かります、
posted by wajin at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家風景

2015年02月12日

建具手直し

昨年よりこの時期になると動きが悪くなる1階の硝子戸、
春休みで息子が帰って来たので、
手直し開始、このサイズの硝子戸は二人いないと無理なのです、

y0713.jpg

外側の格子戸から順に外していきます、

y0715.jpg

格子戸、網戸、うまく外れました、

y0718.jpg

硝子戸も、なんなく外したところで、
役に立ちたい気持ちだけはある、黒いやつが登場、
役に立ちたいが何をやればいいのか分からず、しばし、硝子の上をうろうろ、
軍手なら、手前にありますが、

y0720.jpg

て、いきなり、休憩か、

y0722.jpg

で、何か見つけた?
それとも、宙に浮いている感じにおどろいた?

y0724.jpg

修理は簡単、予想通り、戸車の高さを調整しました、

y0714.jpg

元に戻して完了です、
最後、硝子についた黒いやつの足跡を掃除しました、
猫の手は借りてはだめです、
posted by wajin at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家風景

2015年02月02日

寒さ続きます

一昨日沼田に行きました、
家を出るときは晴れてよいお天気でしたが、
赤城を過ぎて沼田インター手前当たりから急に吹雪いて、

y0697.jpg

帰る頃には、すっかり道路も雪景色に、
同じ群馬でもだいぶ違うんですね、

y0698.jpg

次の朝、我が家の水溜にこんな氷が出来ていました、
屋根から落ちる水の跡、逆つららです、
まだまだ、寒い日が続くようです、

posted by wajin at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家風景

2015年01月21日

初体験

先日、建主さんより珍しいものをいただきました、
メス鹿の肉だそうです、食べた事ありません、

なぜか家に帰る車のスピードが上がります、少し興奮気味です、

y0701.jpg

家に帰り、早速、
解凍が程よく出来たところで、焼き肉用に切り、

y0706.jpg

いざ、食、結構柔らかい、赤身の肉、
家族でおいしくいただきました、
ごちそうさまでした、
posted by wajin at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家風景

2015年01月11日

老眼

たしか40半ば頃より始まった老眼、
老眼鏡も4つとなりました、

y0694.jpg

1つは持ち出し用、他は家の各所に置いています、
もう長い付き合いですが、とにかく不便です、
メガネを忘れたときは何も出来ない、くらい困りますから、
もう、裸眼で近くを見る事は出来ないのか、
唯一楽しいのは購入の時だけ、色、デザインが豊富なので迷いますね、

年はとりたくな〜い ですよね、

posted by wajin at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月04日

新年

2015年が始まりました、

昨年31日、隣の犬に右親指をかまれ、結構な出血、、、、
抗生剤の点滴と破傷風の注射をして、年越し、
元旦から、傷の消毒に行くという新年を迎えました、

y0561.jpg

我が家西に見える浅間山、

y0562.jpg

北に見える谷川岳

見慣れた景色だが、新年の朝日があたる山々は特別感がある、
新たな気持ちで今年もがんばりたいと思います、

posted by wajin at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家風景

2014年12月28日

建主 ストーブを設置

天井、床、壁と挑戦してきた建主、
本日は、ストーブの設置に挑んだ、

y0526.jpg

ここは、私も志願して一緒に挑戦させていただいた、

y0520.jpg

まずは外部の煙突から、

y0539.jpg

多少、苦戦したが外部煙突工事、無事終了、
こういう作業は本当に楽しいですね、

y 0536.jpg

y0546.jpg

続いて、内部煙突も完了、案外うまくいってほっとしました、
ほっとして間もなく、いざ、初火入れと事は進みます、

y0550.jpg

ご家族と共に、この瞬間に立ち会える幸せを感じながら、

y0553.jpg

家族の視線を一点に集める赤い炎、
家族っていいな と思いました、
よい新年をお迎えください、

私も大満足の一日でした、

posted by wajin at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物

2014年12月22日

いざ袖ヶ浦

昨日は、2時間半、電車に揺られ、

y0549.jpg

着いたのは、内房線袖ヶ浦駅、
群馬の風景とは違い、どこまでも平に広がります、
はじめての風景に緊張、身が引き締まります、

この地でしばらく格闘させていただくことになりました、
一生懸命がんばりたいと思います、
posted by wajin at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物

2014年12月19日

OPEN・HOUSE 終了

我が家のOPEN・HOUSEが終了しました、

y0428.jpg

y0423.jpg

非常に懐かしい方が来てくれまして、長話を、
何か、元気をもらい、楽しく過ごしました、
新ためて、がんばらなくてはと、感じた一日でした、
どうも、ありがとうございました、

posted by wajin at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家風景

2014年12月03日

10年目のOPEN・HOUSE

我が家も12月で丸9年が経ちました、
12月13日14:00〜18:00まで、わずかな時間ですが、自宅を公開します、

jitei 1.jpg

柱、梁を伝統的な仕口や継ぎ手で組み上げ、左官で仕上げた家、
2階屋根を支える中引き丸太は、赤城の山から伐りだした松の12メートル1本もの、
山の中で、何本もの中から選び出した時のことを思い出します、
養蚕民家を参考にしているので、2階を3尺張り出しています、
外壁も内壁も仕上げ無しの下地仕上げ、でも、結構気にいっています、

1階は土壁の構造に出来るように、通し貫となっていますが、
残念ながら、予算的に土壁は未だ実現せず、未完成の状態です、

開口部のほとんどを木製建具とし、全室温水パネル暖房としています、
そろそろ、暖房を入れるかどうか迷う日々が続きますね、
断熱材はグラスウールを使用しています、

最近、気になっている暖房はエコファイヤーとペレットストーブ、

木組みのこと、天井を作らないこと、左官のこと、素材のこと、暖房のこと、
経年変化のこと、土壁の家のこと、家作りのこと、いろいろ、

まだまだやりたいことだらけで、未完成の状態ですが、
10年目を迎える家を見ながら、話をしませんか、

y0091.jpg

運がよければ、こんなかわいい(?)我が家猫も、見られますよ(笑)

見学希望の方は、予約をお願い致します、工作舎のホームページをご覧ください、
posted by wajin at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家風景

2014年11月25日

建主、床を張る

建主自ら、天井に続き床を張りました、

y 0196.jpg

杉の3センチ厚の床板を張りました、
このくらいの厚みだと板に力があり、多少の癖もあり、結構苦戦したようですが、
こつをつかんだようです、
今回は少しだけ、私も参加させていただきました、
お役に立ててよかったです、

この床は張り替えが容易に出来るように考えてありますから、
何十年先か分かりませんが、次はお子さんが張ることになるのかな、

かくして、次は壁に挑戦です、がんばりましょう、
posted by wajin at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物

2014年11月23日

みんな道楽

竣工後ちょうど2年経ちましたが、
ちょっとした用事でお邪魔しました、

y0181.jpg

芝がきれい、手入れが行き届いています、
半分、葉が落ちていますが、紅葉が芝と相まって、とてもいい感じです、
葉が落ちる前はもっといい感じだったと想像します、

y0177.jpg

こちらは、ご主人の道楽、

y0180.jpg

設計中、バイクのことは聞いてはいましたが、
このバイクを見るのは初めて、いいですね、とてもかっこいい、
バイクは、自動車と違い、機械が露出しており、
そこが、何か、男心を刺激しますね、
また、それが意匠的に、とてもうまく納まっています、
バイクに乗らない私でも、わくわく、見て楽しいです、

建物も構造を隠さず見せる、それらがしっくり納まるよう設計したいですね、

y0185.jpg

今日は、とても天気がよく、いい秋の日でした、
posted by wajin at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 道楽レポート

2014年11月22日

建具

いつもお世話になっている建具屋さんで、

y0150.jpg

照明器具を作っていました、
気にいったので、購入しました、

その後、久々にびっくり、興奮、
写真が下手で伝わらないが、実物はもっとすごい、

y0161.jpg

これは、引違い戸です、
麻の葉模様という伝統的な組子を基本とした模様だそうです、

y0162.jpg

組子の厚みは1ミリほどです、それを組み合わせて、

y 0163.jpg

これも、基本は同じです、

y0164.jpg

美しい上に、すごい、伝統技術に感動、

この間、沼田の家では、金魚が泳ぐ障子戸がありましたが、
建具もここまで行くと建具ではないですね、

照明器具はまだありますので、購入可能ですよ、


posted by wajin at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 道楽レポート

2014年11月13日

歴史的民家2

昨日、打ち合わせで沼田に、
道沿いには立派な民家が何軒も残っています、

y0096.jpg

こちらは、明治8年竣工だそうですが、
2年程前までは茅葺きだったが、トタンをかぶせたようです、

y0097.jpg

元は10間5間の民家、写真手前にあった部分を取り壊したそうです、
中から、合掌の小屋組を見せていただきました、
本物を見たのは、初めてだったので、少し興奮、
沼田は雪が降るから、急勾配の茅葺きの屋根が基本だったと想像させます、
しかも、茅の厚みが1メートル近くあるから断熱効果もあったのでしょう、
近くには茅場という場所があり、共同で茅を監理していたそうです、
毎年、苅り、共同で、どこか家の一部を吹き替える、循環型です、
苅ったあとは、次に強い茅が出るように、火入れをするそうです、
最近では、茅葺きは専門の職人さんの仕事となり、維持費が大変、
そんな話をしている中、当時の写真を見せていただきました、
茅葺きの家 奥利根の民家写真集という本に掲載されていました、
この地方の茅葺き民家が多く記録されています、
今では、これが、建ち並ぶ光景は想像するしかない、
どの民家もとても美しいプロポーションです、


これに少しでも、近づく設計をするのは、とても難しそうである、
posted by wajin at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的価値ある建物

2014年11月10日

歴史的民家1

本日発見の歴史的価値のある民家、高崎市、

y0068.jpg

養蚕民家です、8間半×5間、明治17年竣工だそうです、
出し梁で2階の方が1階より大きい作りはこの辺の養蚕民家の特徴みたいです、
私が、気にいったのは、プロポーションの美しさ、
軒の出、1階、2階の高さ、いいですね、
この家が多くのその家と少し違うのは、東南の玄関(当時は土間)の位置が、
少し奥まっているところ、今まであまり見かけなかった作りです、

屋根は板葺きから青のトタン、赤のトタンへと変えられ、
それをよく見ると、

y0069.jpg

y 0070.jpg

なかなか、おしゃれな棟です、
妻を見ると、板金で形を作った鬼とでも言うのでしょうか、
なかなかの技術ではないでしょうか、
板金職人のセンスが、ここに残されています、

posted by wajin at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的価値ある建物